Paper.Bag

ショップ袋に最適なA4サイズの紙袋~こだわってオーダーする~

新着情報

企業から人気!ショップ袋に選ばれる紙袋ランキング

no.1

コート紙に箔押しは大人気

ショップ袋として安定した人気があるのがコート紙を素材としてロゴを箔押ししたデザインのものです。PP加工を行って全体にも光沢を持たせて高級感が出るようにし、街中でもはっきりと目立つようにしているものがよく用いられています。

no.2

リボンをあしらった紙袋

ファッションやアパレル系の業界のショップ袋で人気が高いのがリボンを持ち手にした紙袋です。可愛らしいデザインに仕上がることから、表面加工をしたコート紙で高級感を出しつつ明るい色のデザインに作り上げられています。

no.3

触り心地重視のエンボス加工

業界を問わずに広く用いられているのがエンボス加工の紙袋です。触り心地が良いことから再利用してくれることが多いのが魅力であり、汎用されるA4サイズで作って世の中に宣伝広告として出回ってくれることが期待されています。

企業のイメージアップ

印刷

A4サイズの紙袋が人気の理由

汎用性が高いことから人気があるのがA4サイズです。書類の受け渡しをするときにはジャストサイズであり、ファイルなどに入れた書類がちょうど収まるように設計されています。日本ではA4以上の大きさの用紙を持ち歩くことは少なく、ビジネスシーンであれば十分な大きさを持っているのが魅力です。また、マチを少し広くすることによって大抵の小物も一緒に運べるようになります。500mLのペットボトルであれば先端まで全て中に収まってしまう大きさです。そのため、書類を使わない現場でも大抵の大きさのものを運ぶのに使用できます。ギフトなどもA4サイズ以下のものが多いため、商品販売の現場にも転用できる点で優れているサイズがA4です。

見た目や素材にこだわるのもひとつ

企業としてのイメージを向上させる上ではデザインを秀逸にすることが重要です。どのような内容を印刷するかによって大きく見た目は変化しますが、こだわりを持つなら全体像をよく見なければなりません。紙袋は下地の色と素材、表面加工といった印刷に関する部分だけでなく、持ち手の種類や取り付け方によっても見た目が大きく変化します。また、素材に関しては一般的な未晒クラフト紙を用いるとやや安価なイメージを与えがちですが、コート紙を用いるだけで高級なイメージを伝えることが可能です。見た目や素材にこだわるなら徹底した方がよく、業者とよく相談して魅力のある素材と表面加工を選定し、デザインに合った形に仕上げるようにオーダーしましょう。

[PR]

A4の紙袋を販売している業者を紹介!
コスパ◎なアイテムをゲット☆

素敵な横断幕作りを!
スタッフの対応も親切☆

[PR]

広告募集中